"COCOLO"相談支援センター

お知らせ

2015.09.01

更新

現在、新しいお知らせはありません。

はじめに

“COCOLO”相談支援センターは主に精神障害のある方を対象に、日中の居場所の提供、障害福祉サービス等の調整、病院からの退院支援など、精神保健福祉に関する支援を総合的に行っています。

理念

・利用者本位の支援を行います      
・「生活」に着目した支援を行います      
・地域・医療・行政などさまざまな関係機関との協力に努めます      
・良い支援を行えるよう専門性の向上に努めます      
・地域における精神保健福祉の拠点となることを目指します      

事業内容

地域活動支援センター(生活支援型)

主に精神障害のある方に対して、精神保健福祉士等の専門職を配置しての専門相談や指導員による福祉サービスの利用援助、ピアカウンセリング等の相談支援事業を実施することにより、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう地域生活を支援します。また、通所により、プログラム活動等の機会の提供や社会との交流の促進等の支援を行います。      
※大阪市の委託事業です      

プログラム  ★曜日によって異なります。詳しくはお問い合わせください
09:00
開所
10:00
食事会用の材料買い出し
10:30
調理
12:00
昼食
13:00
作業・サロン活動(手芸など)

~サロンへの出入り自由・利用もさまざまです~

作業への参加・利用者同士の交流・スタッフへの相談など
17:00
閉所
特定相談支援事業

相談支援専門員がご本人やご家族の意向を十分うかがい、障害福祉サービスに関する情報の提供や様々な関係機関との連絡調整を行い、どのようなサービスや社会資源を活用できるか、お一人お一人の状況に状況に合ったサービス等利用計画の作成を行います。また、一定期間ごとにサービスの利用や見直しなどの相談に応じるモニタリングも行います。      
※最寄りの区保健福祉センターが利用申請の窓口になります      

支援内容

・ご自宅等へ訪問。必要なサービスや身の回りの課題などについて整理
・サービス等利用計画案、サービス等利用計画の作成
・障害福祉サービス事業所や保健福祉センターとの連絡調整
・障害福祉サービスの利用にあたっての調整
・障害福祉サービスの利用状況の確認や見直し
・障害福祉サービスの利用変更に関する手続き
・障害福祉サービス受給者証の更新に必要な手続き
・支援内容について関係機関との会議の開催
・日常生活全般にわたる相談への対応

一般相談支援事業(地域移行支援・地域定着支援)  

さまざまな理由から長期にわたって精神科病院に入院されている方を対象に、定期的な訪問・面接相談、外出支援、病院スタッフとの連絡調整を通じて、住まいの確保など地域での生活に向けた支援をマンツーマンで行います。退院後も必要に応じてご自宅へ訪問等を行い、関係機関との連絡調整などのフォローを適切に行います。      
※最寄りの区保健福祉センターが利用申請の窓口になります      

支援内容

・病院へ定期的に訪問。病状の確認や情報提供の面談を実施
・主治医、看護師、PSWと協力して退院に向けた支援を検討
・区保健福祉センター、大阪市こころの健康センターとの連絡調整
・気分転換や社会資源の見学、体験利用などの外出に同行
・住まい(退院先)の確保 例:不動産業者との調整・入居契約
・退院前の必要な調整
 …家具什器の購入、医療・障害福祉サービスの調整、体験外泊の実施など
・退院後の継続的なサポート(相談、訪問、緊急時の対応など)
・日常生活全般にわたる相談への対応

活動紹介

画像
画像
画像
施設案内

画像

住所 〒532-0031 大阪市淀川区加島1丁目60-46 かしま障害者センター内
TEL 06-6308-7209
FAX 06-6308-7220
交通 <電車>JR東西線加島駅下車東へ徒歩8分

<バス>
梅田・十三より市バス97号(神崎橋・加島駅)行き、または阪急バス(加島駅)行きで「加島中」下車南へ徒歩1分

ページ上部へ